すあま

創作の報告と愚痴と、おすすめ作品。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
精霊の守り人14話「結び目」

最近見事に精霊の守り人の感想しか書いてません。
今一番はまってるものだから仕方ない!!本当にこれを見るために一週間がんばってます。
今日は結び目

ナユグとサグの結び目にトロガイが行き、もっと詳しく水の精霊について知りました。
・水の精霊の卵は宿主に対して無害であること。
・しかし宿主には「避けられない死」がせまっていること。
・ラルンガという卵喰いがいること。
こんな所でしょうか・・・録画に失敗して1度しか見てないのでうろ覚えですけど。
トロガイが水の民と話していたところ・・・・・ちょ、水の民いすぎ!?わらわらわら
ナユグの海か川なんでしょうね。水の民は川だろうと勝手に思ってるんだけど・・あの生物の数だと海を連想しました。
でかい魚がいた・・・!もっと奇妙奇天烈な生き物がたくさんいて欲しいです。
じゃないと水の民だけ浮いてるんじゃ。

トロガイが知ったことを、他に伝えさせないために火の民が追いかけてきました。
これは何故なんだろう。火の民はラルンガの味方ですか?
(原作ネタバレ)→ラルンガは土に棲むものだから土の民に話を聞きに行くという場所があったと思います。
だからここで土の民が追いかけてきたのなら、原作読んだものとしてもなんとなく理解したんだけど、火の民ですか・・・。
しかも、気の民はいったいどういう繋がりだったのだろう・・・!!後々出て来るかな?だったらちょっと楽しみに待ちたいと思います。
神山監督のナユグの世界観、私のとは違うけど結構好きです。
ナユグのことは深くはわからない、というスタンスでもいいけどせっかく原作と違うことしたんだから何かもうちょっと出してくれるよね!?

対してシュガが知ったこと。
・建国正史は嘘であるということ(聖祖トルガルは水妖を倒したのではない。)
ああ後覚えてない・・。でも重要だったのはこれくらいでしょう、きっと!某コメント付テレビで見たら追記するかも。
シュガ、閉じ込められちゃって大丈夫だろうか。
扉を開ける人たちにチャグムが生きてるかもしれないって・・・・・しゃべったんかい!!もうちょっと危機感持とうよ・・
何か嘘でもつくとか、チャグムの生死って国の一大事じゃないのか。
でもチャグムが生きてるかもって思ったら誰かに話さずに入られなかったシュガはちょっと萌(げふんげふん
あと、アニメのシュガって星導師さまに黙って碑文を読んでいたのですね。チャグムが青霧で死んだとされた時にそういえば星読みの任に戻れって言われた・・んだったかな。

トロガイの大冒険。
あの帽子すごくないですか。浮き輪代わりだった・・・正直今回の話では冒頭のうんこよりも衝撃でした。
すみあぶら?ってなんでしょうね。私の調べた辞典には載ってませんでした。
炭かな墨かな、自然に現れて水溜りのようになるものなのかな。
ミミズがものすごく怖かったです。ただのミミズであれだけ気持ち悪さを出せるなら、正直ラルンガを直視できる自身がありません。
(原作ネタバレ)→触手はあるわ爪はあるわ地面から急に何匹も現れるわ・・・・

次回夭折。早死にという意味らしいです。あの人が死ぬにはまだ早いよね?

 

もうすぐ給料日・・そしたら買える!

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。