すあま

創作の報告と愚痴と、おすすめ作品。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ミミズクと夜の王
ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王

  • 作者: 紅玉 いづき
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫

ライトノベルも児童書も一緒に「本」カテゴリーに入れてしまえ。

ライトノベルはよく読むけど感想がかけるほど好きになるものは滅多にありません。

でもこれはすごかった。泣いたし、心に残るし、この作者の他の作品をずっと追いかけたいと思いました。

これが好きな人ならコバルト文庫の「ちょーシリーズ」(これも大好き)と幻冬社の「童話物語」をオススメしたいなあ。

私は児童書をよく読むので、これは童話だとは思わないけど「童話+ライトノベル」であることは確か。主要テーマもキャラクターも文体もまっすぐで軽く、すっと読めてしまうと思います。泣くけどね!

そしてここは賛否両論だけど主人公、ミミズクが私はとても魅力的な子だったと思います。人間になりきれてない子。

文章を見ると、ん?ってなるところがいくつかあるけど、それが気にならないくらい私はストーリーに引き込まれてしまいました。

表現力がつたなくても伝えたいテーマがしっかりしているものに私はきっと弱い;(完成度が高くてもいいけど。

優しくて暖かいお話です。

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。