すあま

創作の報告と愚痴と、おすすめ作品。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
精霊の守り人10話「土と英雄」

精霊の守り人アニメの感想!

ブログを書いたらまずやろうと思っていたことです。10話からという中途半端具合ですが最終話まで書こうと思います;

今日の題名は土と英雄

土と英雄・・原作のチャグムを意識した題名なんだろうか・・と勘ぐってしまいました。

ううむ。英雄はチャグムのことなんでしょうね。そして土は愚民・・おっと間違えた。平民のことかな!(゜д゜*)

チャグム素敵すぎです。さすがに今日のは挑発のために使った言葉だとは思うけど・・。

トーヤに町のことを教えてもらうのは、いい案だし今回すごく面白い話だったと思います。IGさんやるなあ。

言葉遣いはトーヤを見習ってしまったらチャグムのイメージ崩れちゃうけどね・・!タンダ兄さんのから学んで欲しい。

モン(1)、ジン(2)、ゼン(3)がさらっと出てきましたね。古い言葉なのかと思っていたけど普通に使われている数字なんですね。

賭博のイカサマを見抜いたのもすごいものだと思うけど、勝つためにするんじゃなく楽しむためにしている、という賭博の意味のほうまで分かってしまっているチャグムの洞察力はさすが、と思います。

ここから下は原作ネタバレがあるかもしれませんので下にー。(書き終わってみてから追記。ネタバレあります。)

26話というかなり余裕のある話数になっているためか、かなりキャラクターが掘り下げられる話も作ってくれて、毎回すごく楽しみです。

特にチャグムの才覚?なんかは原作の1巻ではあまり出てこないので、洞察力があって、頭がいいというチャグムを見せてくれることで話の最後にチャグムが次期帝候補となって宮に帰るところがより切なくなりそうです。今から想像して泣けてくるよ・・( ノ д`)゜。

チャグムならやれる、と思うだけに、哀しい。

そして私がここ毎回楽しみに・・そりゃもう楽しみに楽しみに待っているのがチャグムの一人称が「俺」になること。

まーだーでーすーかー!

来週の予告を見る限りではきっとまだなんだろうな。来週はタンダが活躍しそうで楽しみだからいいけど!

 ちょっと追記。(6/10)

チャグム、「俺」って言ってましたね。あまりにさらっと言ってて気付きませんでした。

ヘキムームを買ったときは僕だったので油断してた・・。脱・「余」ですね。やったね!

スポンサーサイト
AIR
AIR 1 初回限定版

AIR 1 初回限定版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/04/06
  • メディア: DVD

ずっと欲しかったのが中古で1480円で手に入りました。近所の古本屋えらい!

1巻を買ってしまったらもう6まで揃えなければ。いつまでもようつべのが見られるとは限りませんしね・・。

中に入っていたポストカードの詩?が結構良かったです。あの海は私たちの涙で出来ている。

AIRはPS2版をやって、1度では最後がよくわからなかったのでアニメを見て、その後もう1度ゲームをしてやっと最後は死んでしまったこと受け入れることが出来ました。

最後について、いろんな人が考察したり感想を書いたりしているのを読んできましたが、私は「観鈴と幸人」としてはバッドエンドだったんだと思ってます。観鈴と幸人と二人で幸せになって欲しかったけど、星の記憶をになう最後の子、神奈が出来なかったこと、幸せな記憶で空に帰ること(なのかな?)を神奈のかわりに観鈴ができた。その最期を後悔していなかった強い子なのだからそれ以上続きは無くてもいいんだなーと。ハッピーエンドとかバッドとか定義するのがおかしいのかもしれませんが・・。

最後の二人が誰なのかは私の理解力ではよくわかりません。ただ男の子のつぶやいたセリフは切なすぎる・・!

最後の解釈は色々あれど、AIRは好きです!曲も話もなんて素敵なんだっ

6巻まで集めきれるといいな。

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。